二重あごの原因は むくみ!しゃもじを使うよりオススメの解消法とは

二重あごの原因は “太っているから” だけじゃない!しゃもじを使うよりオススメの解消法とは

 

モデルや芸能人など、キレイだと言われる女性に二重あごの人はいませんね。

 

 

年齢を重ねた女優さんでも、フェイスラインはすっきりをキープされています。

 

 

あごのお肉がたるんでいると、

  • 顔が大きく見える
  •  

  • 実年齢よりも老けて見える
  •  

  • だらしない印象を与える

など、女性にとってはひとつもいいことはない、と言えるでしょう。

 

 

「お肉があまっているのだから、二重あごはダイエットで解消できるはず」

 

 

という考えもありますが、一概にそうとも言えないようです。

 

 

もちろんダイエットを行うことで改善がみられることもありますが、二重あごの原因は “太っているから” だけとは言い切れないのです

 

 

 

二重あごのできる原因

 

口周りからあごにかけての部分がたるんでしまうのには、「頤筋(おとがいきん)」という筋肉が衰えてしまっている可能性があります。

 

 

筋肉が衰えることで、周辺のお肉を支えきれなくなってしまうのです。

 

 

また、頤筋の力が弱くなると、あご周りのリンパ液の流れも悪くなります。

 

 

リンパの流れが悪い場所にはむくみが発生しがちです。

 

 

慢性的なむくみが、フェイスラインをぼやけさせている可能性もあるのです。

 

 

そして、加齢や紫外線を浴びたりすることで起こるのが「コラーゲンの減少」です。

 

 

皮下組織からコラーゲンが失われるとお肌のハリ・潤いが損なわれて、これもまた、たるみやシワの原因となってしまいます。

 

 

 

二重あごを解消するには

 

以上のような原因を踏まえていくと、太っているわけではないのに二重あごになっている可能性がある、ということがわかってきます。

 

 

では、そのような時にどうやって解消するべきなのか?

 

 

一般的に効果的だとされているのが表情筋トレーニングやリンパマッサージです。

 

 

その方法は、雑誌やテレビなどで紹介されていることもありますから、試みたことがあるかもしれません。

 

 

以前テレビで紹介された、“しゃもじ”を使った二重あご解消法などは記憶に新しいところです。

 

 

当サイトでおすすめしているのは、そのトレーニングやマッサージをより効率的に行う方法になります。

 

 

ある美容器具を利用する、効果を実感されている体験者も多い方法です。

 

 

二重あごをなくして、顔の印象をスッキリ変化させたい。

 

 

そう思われているなら、こちらで紹介している方法が参考になるかもしれません。

 

あごのラインを引き締めるとっておきの方法